活動報告

活動報告

2018年度CNAC海あそび安全講座

P7140044

 CNACでは、海辺の体験活動の普及推進を目的とした事業を実施しており、設立当初より、海辺の活動では安全面の対応が不可欠であると考え、安全のための小冊子を作成し、子どもたちや親子を対象とした海あそび安全講座を実施してきました。
 昨年度に続き、今年度も海辺の安全な体験活動の普及を目指して、(一財)セブン-イレブン記念財団の助成を受けて、小学校を対象とした無料の出前安全講座を実施しております。
 1限45分もしくは2限90分(実習を含めた講座開催が可能)、実施場所は教室、体育館もしくはプール(浮き身の実技や、落水者の救助などのデモンストレーション実習が可能)です。

詳細につきましてはお問合せのページよりご相談ください。
※今年度は試験的に首都圏のみで実施しております。予めご了承ください。
※CNACの安全小冊子、レスキューキャップについては教材・商品案内のページをご覧ください。

 

●プログラム例(2限90分の場合)

  • 8:50  小学校プール着
  • 8:55  現地確認、事前打ち合わせ、資材準備等
  • 9:05   生徒が徐々に集合、適宜水着に着替え。
    水着でシャワーを浴び、その後着衣。講座の全工程を着衣で実施。
  • 9:15  海あそび安全講座開催
    講師挨拶、スタッフ紹介、趣旨説明
  • 9:20  水辺での危険や危険行為の確認
    各クラスに講師を1名配置、安全小冊子の紙芝居(砂浜、磯場)を使用しそれぞれ説明。
  • 9:30   デモンストレーション
    学年全体で、デモを見る。講師が説明し、補助講師2名がプールでデモを実施
    ①落水した時の対応デモ:ラッコ浮き。ペットボトル、クーラーボックス、ビニール袋、ランドセルを使用     ②おぼれている人を発見した時の対応デモ:叫ぶ、大人を呼ぶ、レスキューキャップを使用し、ペットボトルレスキューのデモ
  • 9:35  休憩、トイレ、水分補給
  • 9:40  プールでの実習、各クラスで実施、講師は先ほどと同じ
    ①浮き身の実習(約10分間):2人一組となり、着衣での浮き身、ペットボトルを使用した浮き身の実践
    ②救助の実践(約25分間):各クラス4~5名で8チームをつくり、ペットボトルレスキューの実践
    ペットボトルにキャップを取り付け、紐を結び、まず、だれもいないプールに向かって投げる。次に、チームの1名がプールに入り、ペットボトルを投げて、救助するところまでを実践。
  • 10:20  まとめ(講師)
    各クラス1~2名ずつ感想をもらう

●実施状況


2018年度CNAC総会および講演会

image416

1. 海に学ぶ体験活動協議会 平成30年度総会
日  時 平成30年6月4日(月) 14:00~15:15
会  場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟513号室 アクセス
(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)

<議題>
第1号議案 平成29年度事業報告(案)及び決算(案)について
第2号議案 平成30年度事業計画(案)及び予算(案)について
第3号議案 定款の改定について
第4号議案 「会費規程」の制定について
第5号議案 役員の改選について

第1号議案から第5号議案全て可決されました。
平成30年度は、「実践するCNAC三か年計画」の3年度目となりますので、3年間の総括と、平成31年度からの新たな活動目標を設定します。
会員の種類として新しく「学生会員」を設けましたので、皆様お知り合いの学生さんがおられましたら、ぜひ会員になって頂けるようCNAC活動についてのご紹介と会員勧誘をお願いいたします。

2. 講演会
日  時 平成30年6月4日(月) 15:45~17:00(受付15:30より)
会  場 同上
参加費  無料
講  師 神田 優氏 (NPO法人黒潮実感センター長)
題  目 「高知県西南端柏島・島が丸ごとミュージアム~持続可能な里海づくり~」

 

総会後に開催しています講演会ですが、今年度は、CNAC会員でもあるNPO法人黒潮実感センター長 神田 優様から、
「高知県西南端柏島・島が丸ごとミュージアム」~持続可能な里海づくり~と題してご講演を頂きました。
アオリイカの里親プロジェクトのご説明、海の中の森づくりのご説明の他、柏島の海は透明度が良いことから、ご講演のスライドでは海に浮かぶ船はさながら“船が本当に宙に浮く”ように映っていました。

CNAC第12回全国フォーラム

image415

CNAC第12回全国フォーラム「プロフェッショナルとしての自然体験活動~新たな潮流を探る~」

1月27(土)に、東京海洋大学品川キャンパス(東京都港区)にて、CNACの第12回全国フォーラム「プロフェッショナルとしての自然体験活動~新たな潮流を探る~」を、また、翌28日(日)にエクスカーションとして、帆船「みらいへ」による横浜港体験学習を開催いたしました。

全国フォーラムには50名以上、2日目のエクスカーションには30名を超える参加者を得て、盛会裏のうちに終了することができました。お忙しい中ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

●当日の模様は速報[PDF:1.4MB]をご覧ください。

●CNAC第12回全国フォーラム報告書を掲載いたしました。(2018.4.3追記)
報告書[PDF:1.8MB] 報告書(写真付)[PDF:3.7MB] 報告書(写真付)ファイルサイズ大[PDF:12MB]

▽全国フォーラム写真集は特設ページ

 

2017年度CNAC海あそび安全講座(出前講座)

P7140044

CNACでは、海辺の体験活動の普及推進を目的とした事業を実施しており、設立当初より、海辺の活動では安全面の対応が不可欠であると考え、安全のための小冊子を作成し、子どもたちや親子を対象とした海あそび安全講座を実施してきました。
今年度はさらに海辺の安全な体験活動の普及を目指して、(一財)セブン-イレブン記念財団の助成を受けて、小学校を対象とした無料の出前安全講座を実施しております。
1限45分もしくは2限90分(実習を含めた講座開催が可能)、実施場所は教室、体育館もしくはプール(浮き身の実技や、落水者の救助などのデモンストレーション実習が可能)です。

詳細につきましてはお問合せのページよりご相談ください。
※今年度は試験的に首都圏のみで実施しております。予めご了承ください。
※CNACの安全小冊子、レスキューキャップについては教材・商品案内のページをご覧ください。

 

●プログラム例(2限90分の場合)

  • 8:50  小学校プール着
  • 8:55  現地確認、事前打ち合わせ、資材準備等
  • 9:05   生徒が徐々に集合、適宜水着に着替え。
    水着でシャワーを浴び、その後着衣。講座の全工程を着衣で実施。
  • 9:15  海あそび安全講座開催
    講師挨拶、スタッフ紹介、趣旨説明
  • 9:20  水辺での危険や危険行為の確認
    各クラスに講師を1名配置、安全小冊子の紙芝居(砂浜、磯場)を使用しそれぞれ説明。
  • 9:30   デモンストレーション
    学年全体で、デモを見る。講師が説明し、補助講師2名がプールでデモを実施
    ①落水した時の対応デモ:ラッコ浮き。ペットボトル、クーラーボックス、ビニール袋、ランドセルを使用     ②おぼれている人を発見した時の対応デモ:叫ぶ、大人を呼ぶ、レスキューキャップを使用し、ペットボトルレスキューのデモ
  • 9:35  休憩、トイレ、水分補給
  • 9:40  プールでの実習、各クラスで実施、講師は先ほどと同じ
    ①浮き身の実習(約10分間):2人一組となり、着衣での浮き身、ペットボトルを使用した浮き身の実践
    ②救助の実践(約25分間):各クラス4~5名で8チームをつくり、ペットボトルレスキューの実践
    ペットボトルにキャップを取り付け、紐を結び、まず、だれもいないプールに向かって投げる。次に、チームの1名がプールに入り、ペットボトルを投げて、救助するところまでを実践。
  • 10:20  まとめ(講師)
    各クラス1~2名ずつ感想をもらう

●実施状況


2017年度CNAC海あそび安全講座インストラクター養成セミナーin富浦

P7040048

CNACでは、全国で「海あそび安全講座」を展開し、また、平成23年度からは安全講座をさらに普及させるため、安全講座を開催できる指導者の育成に取り組んできております。

2017年度も海のシーズンに向けて、7月4日(火)~5日(水)に、東京海洋大学富浦ステーションにおいて、「海あそび安全講座」の指導者(実施者)育成のための研修会を開催いたしました。

講座当日のレポート(PDF:2MB)を掲載いたしましたので、ぜひご一読ください。
次回は皆様のご参加をお待ちしております!

 

●参加者の感想(抜粋)

  • (昨年の参加者の講義を受けていたので)事前に知識はあったが、実践するとできない。しっかり練習を積みたい。
  • 実習は楽しかったが、それを他人に伝えなければならないのは難しいと感じた。
  • 聞くだけでなく、実習をすることにより覚えやすいし、印象にも残る。
  • 実習は楽しかった。つまらなくやるより、(このように)楽しくやる方が、広がりがもてる。
  • 海というフィールドで、自分自身が本物の体験ができ、勉強することができた。また、いろいろな人とのつながりもできた。
  • 去年の参加者からの講義は受けていたが、今回、プロの方の講義を受けることができ、ちゃんとした経験ができて良かった。
  • もっとこのような講座を受ける場があればよいと感じた。この経験をいろいろな人と共有したい。
  • 座学と実習を受け、身についたと感じる。記憶に残る2日間だった。紙芝居を使った実習では、誰かに伝えることの難しさを知った。海の楽しさ、危険なことなどの知識を得て、安全に楽しく海で遊んでもらえるよう、人々に伝えることができる人になりたい。

●参加者の安全講座開催レポート(2017.10追記)

 おにし青少年野外活動センター[PDF:1.6MB]
 国際海洋自然観察員協会(PACI)[PDF:100KB]

 

●写真集


» 続きを読む